信号機のない交差点で、出会い頭に衝突した事故の過失割合について

信号機のない交差点での事故の過失割合について

同幅員の交差点(A:左方車 B:右方車)

A:左側で優先

① ABが同程度の速度 ・・・過失割合は、A40%:B60%
② Bだけ減速 ・・・過失割合は、A60%:B40%
③ Aだけ減速 ・・・過失割合は、A20%:B80%

また時間帯や大型車であったりするなどすると調整が入ることもあります。

一方が広い道路である場合

A:広路車で優先

① ABが同程度の速度・・・過失割合は、A30%:B70%
② Bだけ減速 ・・・過失割合は、A40%:B60%
③ Aだけ減速 ・・・過失割合は、A20%:B80%

一時停止の標識がある場合 (B側に一時停止の規制あり)

A:一時停止なしで優先

① ABが同程度の速度・・・過失割合は、A20%:B80%
② Bだけ減速 ・・・過失割合は、A30%:B70%
③ Aだけ減速 ・・・過失割合は、A10%:B90%
④ Bが一時停止後進入・・・過失割合は、A40%、B60%

優先道路である場合

A:優先道路の場合

優先車では視界が悪くても徐行義務がないため 基本割合は、A10%:B90%となります。ただしB車の明らかな先入の場合には、A20%:B80%になります。

優先道路について

道路交通法第36条第2項で定義されているのは、道路標識または道路標示によって指定された道路のうち、交通整理が行われていない交差点の進入時に徐行する義務がないものを指します。

具体的には、優先道路とは標識で優先道路と指示されている道路で車両通行帯の設けられ、センターラインが交差点内も貫通している道路のことです。

 

 

 

 

 

 

補足関連記事

信号機のない交差点での出会い頭の事故における過失割合について

信号機のない横断歩道に歩行者がいても9割の車は止まらない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA