駐車中の車のドアが急に開いて、ドアと接触した事故の過失割合

ドア解放事故の過失割合

自動車とバイクの接触事故の場合

駐車中の車のドアが開いて、後方から走行していたバイクにぶつかる接触事故です。

自動車は、路駐車両がある場合には、余裕をもって抜き去るのに対して、バイクは車線の左側を走る傾向にあるためドアが開いた場合に接触事故を起こすのはバイクの方が多いようです。

基本過失割合は、自動車 90 : バイク 10

 

自動車と自動車の接触事故の場合

自動車のドアが突然開いて、後方から来た自動車にぶつかるという事故は、レアなケースになり、交通事故の判例集である「判例タイムズ」にも掲載されていない事例になっています。

ドアをあけた自動車 90 : 後方から来た車 10

この考え方の根拠は、基本過失割合は、バイクの基本過失割合をベースにしています。

バイクと違って交通弱者でないため+10%の調整が入り、基本過失割合は【ドアを開けた自動車 80 : 後方からきた自動車 20 】としてこれに修正要素を加えます。

修正項目としては「直前にドアを解放された」ということで+10、ドアを開けた自動車に過失を加算し前述の割合になったものがありました。

そのため直前に開いたものでなければ、後方からきた車の過失は20になります。

その他調整項目としていは、飲酒運転、無免許運転、スピード超過など一般的な修正要素があれば、加算減算して調整を行っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください