交通事故で、双方が動いていても過失ゼロになる場合について

過失割合がゼロにできる場合とできない場合

交通事故で自分の過失割合がゼロと言い張る方がいますが、動いている車どうしの交通事故では過失ゼロの主張を通すことは非常は難しいものです。

双方が動いていた場合の交通事故で、過失がゼロになるケースは割と限られていたりします。

 

動いていても過失がゼロとなる場合

信号無視の場合

赤信号で交差点に進入した車が、青信号の車にぶつかった時などは、青側の車両の過失はゼロになる可能性があります。

しかし相手が赤信号での侵入を認めない場合には難航し、ドライブレコーダーや目撃情報などの有力な証拠がないと被害者が泣き寝入りする可能性もあります。

また信号無視の車両が、緊急車両が緊急走行している場合には、双方に過失が認められます。

追突事故の場合

交差点手前を低速で走行している車に、後続車が追突した場合には、双方が動いていても、追突された側の過失はゼロになる可能性があります。

例外として故意にブレーキを踏んだ場合やトンネルなどの駐停車禁止の場所での追突事故には、追突された車に10~30%の過失が生じます。

センターオーバーを越えての事故の場合

センターラインを越えて、相手車線で正面衝突事故を起こした場合には、センターラインを越えた側の過失が100%になる可能性があります。

事故の基本過失割合が消えた場合

自分が直進していた場合に、横の車が進路変更禁止区域で、ウインカーでの合図もなしに、急に進路変更をかけて、ぶつけてきた場合です。

この場合の基本過失割合は、直進車 30% : 進路変更車 70% となります。

そして修正項目として合図なし 進路変更禁止区域での進路変更で相手に過失割合が加算されるため、直進車の過失が消え無過失になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください