自動車保険は通販と代理店でどう違う? それぞれのメリットとデメリット

自動車保険は通販で入るのと代理店を経由して入るのとどう違う?

自動車保険は各保険会社が販売している商品プランに加入するものでしたが、以前は保険会社に直接自動車保険の加入の申し込みを行うことができませんでした。

今でも多くの保険会社は自動車保険に加入する場合には各損害保険会社の自動車保険を扱う保険代理店を通じて申し込む仕組みなっていますが、最近では従来型の自動車保険の申し込み以外

にも、「ダイレクト型」「通販型」と呼ばれる保険会社への直接申し込むことができる保険会社も現れてきました。

 

保険代理店から申し込む場合のメリットとデメリット

代理店のメリット

自分にあった補償を提案してくれる

自動車保険の補償は基本的に必要な対人賠償、対物賠償の補償以外にも非常に細かいサービスや補償を付保することができます。

車維持のためのご予算に応じて、自分にぴったりあった補償を選択するというのは実は非常に難しかったりします。

そんな時に自分の家族構成や状況を代理店の担当者に話、一緒に補償内容を考えてくれる人がいるというのは安心できます。

自動車保険の加入手続きがスムーズに進む

保険を販売する代理店には生命保険や損害保険の販売に特化したプロ代理店以外にも、自動車ディーラーや中古車販売でも代理店になっているケースが非常に多いです。

車の購入手続きにあわせて、スムーズに自動車保険に加入することが可能で大変便利です。

代理店のデメリット

保険料が割高になるデメリット

補償内容が同じであれば、代理店手数料が発生し保険料が割高になります。

ダイレクト型と比較する数万円以上のひらきがでることもあります。

代理店が補償内容に詳しいとは限らないリスク

保険がよくわからないから代理店に申し込むのが一番の理由なのだと思いますが代理店の中には保険を販売するのが本業でない場合には、適切なアドバイスを頂けないこともあります。

 

ダイレクト型・通販型のメリットとデメリット

ダイレクト型・通販型のメリット

保険料が格段にやすい

希望する補償内容が決まっている場合や保険の知識があってアドバイスが必要ない場合には、保険料が格段に安くなる「ダイレクト型」「通販型」がおすすめです。

ダイレクト型・通販型のデメリット

補償内容を自分で決断して決めないといけない

相談相手がいないため、加入する保険の補償内容を自分で決める必要があります。

 

まとめ

代理店を通じて申し込むことで、人に頼れる安心感があるものの、保険料は割高になるリスクがあります。

結婚したり、子供が新たに免許を取得したなど家族の状況に大きな変化が生まれたときなど、専門家に頼りたい場合には代理店で相談し加入するのが適しています。

しかし若い世代などで自動車保険がとても高く、少しでも安く保険に加入したいなどのニーズがある場合にはダイレクト型での保険申し込みが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください