自動車保険の補償内容の選び方

自動車保険の補償内容のおすすめ

自動車保険で補償内容について考えてみます。

最初に補償内容について考えます。

必須な補償内容

対人賠償保険・・・無制限

対物賠償保険・・・無制限

この内容は自動車保険に入るための意味なので外さないようにして下さい。

特に対物賠償保険を3億円設定とかにされる方もいますが保険料がさほど変わらず、極端にリスクが高まるだけなので、無制限での契約のままにした方が良いです。

これらは特に考える余地はありません。

付けるべき補償内容

人身傷害保険・・・5000万円

弁護士特約 ・・・有

人身傷害保険は実は50%近くの人が最低設定額の3000万円で契約しています。

弁護士特約は必須と思っています。100-0事故で純粋な被害者になった場合に、相手の保険会社とひとりで交渉しなければならなくなるためです。

人身傷害補償保険とは搭乗者が死傷した場合に実際の損害額を補償するもので安心のポイントは過失割合に関係なく、家族に対しても保険金が支払われることです。

飲酒運転や無免許運転では保険金が支払われませんが、同乗者に対する補償が安定するため、優先度が高いものとなります。

できれば無制限で加入したいものですが、最低ラインとして5000万円としてみました。

あっても良い補償

車両保険・・・100万円(車対車A)

車両保険は自分の車両を修理するための費用です。使う場面で多いのは自分にも過失がある事故で相手からの保険金で修理費のすべてをカバーできない時にとても助かります。

しかし車両保険は設定すると保険料が跳ね上がる傾向にあり、特に若い世代で付保するのはあまり現実的とは言えません。

設定額は当然多い方が良いのですが、100万円の設定金額としているのは、外車や高級車を除けば通常100万円以上の持ち出しがある修理代は少ないためです。

全損時における補償額を下げてしまいますが、保険料との兼ね合いでバランスを考えるなら100万円くらいが妥当なのかなと思います。

まとめ

自動車保険の補償内容については、これをベースにオプションとして特約や割引をつけて、試算された保険料と予算から微調整していくのが良いと思います。
まとめてみると以下のようになります。

  • 対人賠償:無制限(通常は自動:無保険車傷害2億円)
  • 対物賠償:無制限
  • 人身傷害:5000万円(通常自動:自損事故保険)
  • 車両保険:100万円(車の時価が100万円以下なら時価を上限)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください