車両保険を上手に入る方法

上手な車両保険の加入の仕方

車両保険に加入することで交通事故時の自分への被害を最小限度に抑えることができますが、保険料が急激に高くなる要素でもあるため、慎重に補償について設定しなければなりません。

 

車両保険の設定金額について

保険金の支払上限は時価

車両保険の加入限度額は、その車両の時価

時価が50万円の自動車に200万円で車両保険に加入できたとしても、事故あったときに保険金として支払われる限度額は原則として50万円になります。

この時価については、クラシックカーなどの市場価格が高いものでであっても、古い車両には保険金算定上の時価はあまり高くつきません。

そのため、車両保険の設定金額は実態にあった実際に支払われる金額で設定する必要があります。

 

保険金の支払上限は修理代の実費

保険加入者と同程度の車を50万円で購入できる場合であっても、30万円で修理できる場合では、30万円しか保険が支払われません。

修理した場合には、破損個所によっては直りきらず、異音や癖などがついてしまうこともあるため、同程度の無事故車に買い換えたい場合でも、通らない事があります。

保険会社は修理する場合と再購入価格とを比較して、安い方の金額を保険金として支払うのが普通なのです。

 

100万円以上かかる修理は、修理しない方がいい

自動者の修理に100万以上かかる場合には、車の壊れ方がかなり酷いものであり、直しても直りきるものではありません。

かなりの衝撃でぶつかったものは、損傷個所以外に各部へのダメージが酷く、見た目では普通わかりません。

そのため、個人的には100万円以上の車両保険設定金額は、修理には向かないことになり、下手に車両保険の設定額を高くするよりも、全損でお金をもらい、新しい車の購入代金の一部に充てるという選択肢もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください