運転歴がなくても年齢で自動車保険は安くなる

運転歴がなくても年齢で自動車保険は安くなる

運転手の年齢制限について

自動車の保険料の計算にドライバーの年齢が大きく影響します。

過去の保険金支払い実績などから保険料が算定されており、計算区分は次のように分かれています。

運転手の年齢制限区分の仕方

  1. 全年齢 ・・・年齢制限をかけない、最も保険料が高くなります。
  2. 21歳以上 ・・・21歳未満のドライバーが事故を起こしても補償されなくなります。
  3. 26歳以上 ・・・26歳未満は対象外
  4. 30歳以上 ・・・30歳未満は対象外
  5. 35歳以上 ・・・35歳未満は対象外

多くの保険会社では、この5段階で運転手の制限をすることにより、保険料を安くすることができます。

保険会社によっては、もう少し分け方が細かかったり、少なかったりもします。

※年齢制限は、誕生日を迎えて年齢に達したことになります。

運転手の年齢制限についての詳細は「自動車保険の割引制度 家族限定(運転者限定割引)」

年齢制限は契約期間の中途でも変更できます。

自動車保険の年齢制限による割引は、特に大きく正しく設定することにより、大幅な保険料の節約をすることができます。

特に誕生日を迎えて、ひとつ上の運転手制限のステージに達した場合には、保険会社に連絡すると保険料がやすくなります。

一括払いしている場合には還付を受けられます。

意外と多くの方が、誕生日を迎えてもそのままにしておき、自動車保険の更新日に年齢条件を変えているのです。

電話一本で契約条件の変更が可能なので年齢制限の条件変更ができるようになったら保険会社にすぐ連絡をいれましょう。

年齢条件の変更をかけるときの注意点

1台の車を家族で色々な人が運転できる場合には、年齢制限の設定には注意が必要です。

原則として車を運転する可能性がある運転手の一番若い年齢で制限をかける必要があります。

例えば、メインで運転するのは40歳の父親で、時々21歳の子供が運転するといった様な場合には「21歳以上」で制限しなければなりません。

運転手制限の例外について

ただし同居してない21歳の未婚の子供が年末年始などに、たまに実家に戻ったときに40歳の親の車を運転するときには、同居の親族に該当しないため運転手制限は35歳以上のままで大丈夫です。

ただし極めてきわどい話でもあるため、たまに実家に帰った子供には運転させないのが無難です。

万が一事故が起きてしまった場合に「もしかすると年齢制限にひっかかるけど、別居の未婚の子だから保険が使えるかもしれない程度に認識していた方が安全かもしれません。

使えない例としては、今は結婚していない子供であっても離婚歴があり、離婚後に親と一度も同居してない場合には適用されないこともあったりするのです。

 

若い世代の自動車保険の上手な入り方

「全年齢」と「30歳以上」では自動車保険の保険料が2.5倍以内になるように金融庁に指導を受けるほど若い世代の保険料は高いものとなっています。

なので車に乗るのは21歳以上からがお勧めなのですが、どうしても加入したいという時の保険料が安くなるコツについてご紹介します。

ちょっとした割引でも保険料が高い分数万円は保険料が安くなる効果が高いものが多いです。

子供特約について

子供特約とは、同居の子供が車の運転ができるようになった場合に子供だけ保険の対象に入れることができる特約です。

当然、年齢制限の適用を受けないのは同居の子供だけなので他の人が運転した場合には保険が支払われないので注意が必要です。

自動車保険の子供特約の内容とは

 

等級の譲渡について

親が持つ等級を子供に譲渡することが可能です。親の保険料は当然高くなりますが、年齢も高く、ゴールド免許である可能性もあり保険料の上昇はある程度抑えることが可能です。

家計の支出で考えるのであれば、保険料が高い子供の保険に等級による割引を適用させた方が安くなります。

自動車保険の等級の譲渡について~「吐き出し」「押し出し」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください