ダイレクト型保険と保険代理店のそれぞれのメリット

自動車保険のダイレクト型と保険代理店のメリットについて

自動車保険の加入方法は、保険代理店を通じて加入する方法と保険会社に直接申し込んで加入する方法と2種類あります。

最近では、保険料を見直して無駄なくスリムな保険について検討される方が増えてきており、ダイレクト型保険の人気が高まっており、CMでも本当に良くみかけるようになりました。

しかし現在でも加入実績では代理店を通じて自動車保険に加入している方が多いようです。

 

保険代理店とは?

保険代理店とは、保険会社と提携して保険商品を販売している会社をいいます。

代理店のイメージとしては、保険のプロとして生命保険や年金など高い金融知識を持ち、フィナンシャルプランナーとして資金の運営から金融資産の運営管理まで幅広く取り扱う総合保険代理店が有名だと思います。

他には自動車保険に加入する方法として自動車販売会社であるディーラーや中古車販売店、自動車修理工場など本業が保険とは全く違うものを取り扱うものの、その利便性から保険商品も取り扱うものまで様々です。

保険代理店のメリット

保険代理店のメリットは、保険の知識がないときに契約時に詳細にアドバイスをもらえる点がとても便利です。

自動車の事だけでなく家族構成なども知っていてくれる代理店であれば、自分にあった適切な保険プランを提案してくれるものと思います。

しかしダイレクト型と比べてみると保険料が高く、同じ補償で何年も継続して更新していく場合にはあまりメリットがないかもしれません。

保険会社との直接の契約

補償内容を自分で考えて自分で申し込み手続きをする必要がありますが、保険会社に直接自動車保険を申し込む方法があります。

この方法であれば代理店を通じていないため、事務が効率するため保険料が安くなります。

申し込み方法はインターネットでの申し込み以外に電話やFAXでも受付けているようです。

また1年間で自動車保険は契約期間が切れてしまいますが、手続きを忘れて大変なことにならないように自動継続特約もつけておくと安心かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください