個人売買で車を取得した場合の注意点について

個人売買で車を取得をした場合の注意点について

自動車ディーラーなどから新車・中古車を購入した場合

車の入れ替えを行った場合には、自動車保険の変更手続きが必要になります。

この変更手続きは、ほとんどの保険会社が新しい自動車の車検証のコピーを提出(一部の保険会社は所定の用紙の記入が必要なこともあります。)するだけで済む簡単なものになります。

特に車両タイプが変わる場合には保険料が増減することになり、日割り計算などで保険料の調整が必要になってきますので保険会社からの説明にしたがって手続きをすすめます。

納車日までに連絡し、手続きを済ませておくことが理想ですが、手続きが間に合わなかった場合でも、「車両入れ替えにおける自動担保特約」という特約で納車日より30日以内であれば問題がないことが多いです。

個人売買により自動車を取得した場合

ディーラーから自動車を購入した場合と個人売買では保険会社がとらえる納車日の基準が異なります。

個人売買においては、車検証の名義が変更された日に納車があったものとされるため、保険会社に車両入れ替え手続きをする際に提出種類車検証は、名義変更後の自分名義になっている必要があります。

名義変更手続きは最短でも2~3日、通常は1週間程度かかることが普通なので、保険の切り替えがスムーズに移行でいるように早めに名義変更を行うことがとても重要になります。

個人売買では、譲り受けた自動車を運転する日までに名義変更を済ませておかないと納車されたとみなされず、無保険車となるのですべての手続きが完了するようにスケジュールをしっかり立てることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください