自動車保険の契約期間中に自動車を買い替える場合の手続き

自動車保険の契約期間中に自動車を買い替える場合の手続き

新しい自動車を購入する場合には、通常は自動車保険の契約期間の中途になるため、手続きが必要になります。

自動車保険に加入している車両を変更することを「車両入替」と言います。

この車両入替は新しい自動車が納車するまでに手続きを済ませておかなければ、最悪事故が起こった場合にトラブルに巻き込まれる可能性がるため、きちんとした手続きをする必要があります。

参考:自動車保険の契約変更手続きが必要な出来事

意外と怖い車両入替

契約車両の走行距離がオーバーしたり、使用目的の変更があり、その連絡前に事故が起きた場合には、追加保険料を支払うことで解決しますが、車両の入替については話が別です。

車両入替の手続きを行わずに事故を起こしてしまうと無保険車扱いとなり、任意保険の対人・対物賠償をはじめ、車両保険など全ての保険が無効となる可能性があります。

車両入替を行った場合には、経過措置として車検証の日付から30日以内での事故であれば、新しい車でも保険金が支払われますが、遅れると大変な無保険車となってしまうので注意が必要です。

なお、この経過措置を使った場合には、新しい車両の車両保険の時価は前の車両の時価で計算されたものとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください