交通事故にあったら、大丈夫だと思っても病院で医師の診断を受ける事

病院で医師の診断を受ける事

出血や打撲、動けないような状況であれば、半強制的に救急車で運ばれるますが、見た目では怪我がわからず意識がはっきりしているときでも、当事者は病院で医師の診断を受けることが大切です。

運転手だけでなく、搭乗者も医師の診断を受けるようにするのが望ましいです。

医師の診断を受けるべき理由について

損害賠償が支払われないケースがある

交通事故による負傷の損害賠償には「交通事故による負傷である」という医師の診断書が必要となります。

加害者の人柄に甘えて、目先の仕事を優先して後日病院に行くなどしてしまいますと、症状の軽いものほど事故が原因なものかどうかわからなくなってしまい。医師から交通事故が原因でるという診断書を書いてもらえなくなるリスクが生じます。

また事故日と診察日が離れすぎると色々と不利な点も出てくるため、事故当時、または翌日には診断を受けるようにすることが大切です。

また自腹で支払った治療費の領収書は後日使いますので大切に保管してください。

体の異変に本人が気づいてないリスクがある

交通事故直後では興奮状態にあるため、痛みを感じなかったりすることがあるようです。

骨折してても歩き回って怪我人の救済活動をしてた人もいると聞きます。

事故直後には大丈夫だと本人が思っていても、病院で診察を受けると内臓に損傷があったり、骨折している可能性もあるので自己判断せず、手遅れになるぬように病院で医師の診察を受けることが大切です。

脳内出血など見た目も平気で本人の痛みを感じていないのに命に関わる重篤な損傷もあるため、決して甘く見ないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください