交通事故現場では相手と示談や約束事をしない

交通事故現場では相手と示談や約束事をしない

交通事故が起きてしまったとき、事故現場で相手と示談することは避けなければなりません。

これはわかっていても実はかなり難しいことなのです。

こちらが加害者のとき、相手はとてつもなく怒っていますが、保険会社の人が事故現場に来て指示を出すことは、基本的にはありません。

※最近では、提携している警備会社や事故受付の女性が相手と電話で話してくれることがある保険も出てきました。

そのため、何も約束せずに連絡先をきちんと確認しあって加害者(被害者)と別れるというのは非常に困難なのです。

 

現実とのギャップ

しかし怒った被害者からは「どうしてくれるんだ? 今すぐ代車持って来い」などと混乱している加害者に無茶難題をガンガン要求することがあります。

被害者の中には反論できない加害者に対して「過失をすべて認めろ」などという事だって珍しくないです。

何か答えないと、この場から返してもらえない・・・どうしようという状況になります。

 

何か言わないといけないとき!

加害者の立場のとき

事故現場に駆けつけてくれる中立の立場の人が一人います。それは警察官です。

警察を最大限利用して、言いにくいことを言いましょう。それまで何も約束をしてはいけません。

警察官がいるときに、警察官の目の前で「保険会社と相談しないと何も決められないので連絡先を教えてください。」と頑張って伝えます。

平日なら数時間後に保険会社から被害者に連絡が入り、適切に処理してくれます。

そして警察官がいるときに被害者と別れるよう立ち去るのがとても大切なポイントです。

そしてもうひとつは被害者からどんな口調で何を言われ、求められていたのかを中立の立場の警察官に聞いてもらう事です。警察からもフォローしてもらえると思います。

レッカーで修理工場まで車を運んでいいかどうかなど、やらなきゃいけないことでも一応、事故受付の電話に出た方に相談して決めた方が良いと思います。

とにかくその場を離れて何も約束しないことです。

被害者の立場のとき

被害者の立場のときにも現場では約束事をしてはいけません。

加害者から言われるもので多いのは「怪我してない? 物損でいいよね?」というものです。

不思議なもので事故直後は足を骨折してても痛みがありますが歩けるくらい不思議なことが起きます。

手足のしびれを感じることができるのは、事故から数時間後になります。

「(大丈夫だと思いますが、)念のため病院で診察を受けさせてください」と答えて自分で判断しないようにしましょう。

交通事故は自分で判断することを絶対にやめてくださいね!

 

必要なものであっても度が過ぎると保険金は出ません。

被害者のマーチを大破させ自走できなくなった場合に代車費用として認められるのは原則としてマーチクラスの代車費用です。

被害者が調子に乗って修理期間の間、ベンツを乗り回して「慰謝料の一部だ!」と言っても残念ながら認められないと思われます。

もし貴方が「代車を使ってください。かかった費用についてはお支払いします。」と言ってしまうと話が非常にややこしいことになります。

貴方が「マーチクラスの代車を使うと思った。」「相手が好きな代車を使うことの了解を得た。」となりかねません。

保険会社が伝えるときは、かならず代車のクラスや費用についての説明をしますので言葉が足りなかったことによる問題が生じにくいのです。

なので、「そんな事も決められないのか!?」と罵られてもとにかく示談や条件については自分で話し合わないことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください