交通事故における損害賠償の考え方である損益相殺について

損益相殺とは何か?

不法行為を受けることにより被害者は財産や精神的苦痛など様々な損害を被ることになりますが、不法行為を受けることにより利益が得られることもあります。

具体的には社会保険や労災保険などから交通事故により死傷したことで給付があった場合には、酷い話ですが死傷したことにより得られた利益だと考えます。

不法行為によって被害者は損害を被る同時に利益が得られることもあり、損害賠償の請求については損害から利益を差し引いた「実損害」のみを請求することができるという考え方を損益相殺といいます。

損益相殺の控除対象について

交通事故が原因の損害賠償請求は不法行為を根拠としているため損益相殺が適用されます。

損害賠償額から控除される相殺対象については以下の2つの考え方があります。

消極的利益

交通事故があったために支出することがなくなったと考えられる経済的に利益。

道徳的に非常に問題があると思われる考え方ですが、例えば死亡したことにより、その後の生活費がかからなくなったという利益などを指します。支出節約型の利益と呼ばれることがあります。

この利益の考え方が、逸失利益の計算上死亡事故の場合は損害賠償額から生活費を控除した金額を請求するという考え方につながっていきます。

積極的利益

交通事故などの被害を受けたことにより損害賠償とは別に金銭的給付を受けたなどの利益を言います。給付型の利益などと呼ばれることがあります。

具体的には各種の社会保険給付金などがあり、損害賠償金とは別途支払われるものであるため損益相殺の対象とされます。

他には死亡事故の場合の労災保険給付として遺族補償給付,厚生年金の遺族厚生年金、国民年金の遺族基礎年金などがあります。

損益相殺の対象外とされるもの

損益相殺の対象にならないものについてもご紹介します。

  • 被害者が受け取った香典、見舞金
  • 生命保険の死亡保険金や入院給付金
  • 自動車保険の搭乗者傷害保険金
  • 生活保護の給付金
  • 雇用保険の給付金
  • 未受給の労災保険、厚生年金、共済年金などの社会保険給付金
  • 労災保険による特別給付、障害特別支給金、遺族特別支給金など
  • 被害者の受領する損害賠償金に対する税金
  • 養育費

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください