物損事故の損害賠償

交通事故の物損事故とは

交通事故があったものの、幸いなことに人に怪我を負わせることがなく、被害者の財産のみを損傷させた場合の事故を言います。

通常、交通事故は人身事故物損事故とに区分され、死傷者が出た事故を「人身事故」、けが人がいない事故を「物損事故」と扱われます。

物損事故と人身事故の取扱の違いについて

人身事故と物損事故の最大の違いは請求できる損害の範囲です。

人身事故の場合であれば慰謝料などで損害賠償が増額されますが物損事故の場合は慰謝料は損害額として含められません。

そのため事故の処理も簡単に済むことが多いです。

また事故直後には怪我に気づかなかった場合や数日後手にしびれなどが生じたというケースもあり、その場合には人身事故に切り替えることができます。

 

物損事故における損害

車の修理費

車が衝突する相手として多いのはやはり車です。車が損傷した場合には修理費用に相当する金額を、加害者に対して損害賠償請求することができます。

その際の修理費についてはディーラーや修理工場が直接保険会社と打ち合わせして、修理内容や修理費用を決めます。

勝手に修理しても保険金が出ないこともあるので注意が必要です。

経済的全損

車両の修理費が再調達価格を超えるような場合を全損と呼び、修理せずに同等で同年式、同程度の仕様の車両を取得ための金額が保険金と支払われることになります。

この場合原則として壊れた車は保険会社に回収されます。

代車使用料

車の修理期間中にレンタカーなどの代車を利用した場合には、その費用を保険会社に請求することができます。

レンタカーは、被害にあった車両と同クラスのものでなければなりません。マーチの修理中にアウディは乗れない。

積荷損害

車両積荷などに被害を受けた場合、積荷損害として損害賠償請求が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください