交通事故の慰謝料とか何か?

慰謝料とは

交通事故によって被害者が受けた精神的・肉体的苦痛に対して支払われるお金で「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」の3種類あります。

入通院慰謝料

病院へ通院や入院した場合には慰謝料が支払われます。

入通院慰謝料の計算は下記の計算式は以下の通りとなります。

治療期間(入院期間+通院期間)

実通院日数(入院期間+実通院日数)×2

2つの計算式で出された日数のいずれか少ない方の日数に4,200円をかけた金額が入通院慰謝料となります。

後遺障害慰謝料

後遺障害が残ってしまった場合には慰謝料が支払われます。

後遺障害における慰謝料の計算次第で数百万円から数千万円のひらきが出ることがあります。

後遺障害の等級を事前認定で認めてしまうのは、大変便利なのですが被害者に対してなんの書類を見せることなく等級が決まってしまいますので、慎重に対応しなければいけない部分にもなります。

後遺障害が残るケースでは、弁護士に相談しちゃうのが一番だと思っています。

 

後遺障害の等級別慰謝料

等級 自賠責基準 任意保険基準 弁護士基準
第1級 1100万円 1600万円 2800万円
第2級 958万円 1300万円 2370万円
第3級 829万円 1100万円 1990万円
第4級 712万円 900万円 1670万円
第5級 599万円 750万円 1400万円
第6級 498万円 600万円 1180万円
第7級 409万円 500万円 1000万円
第8級 324万円 400万円 830万円
第9級 245万円 300万円 690万円
第10級 187万円 200万円 550万円
第11級 135万円 150万円 420万円
第12級 93万円 100万円 290万円
第13級 57万円 60万円 180万円
第14級 32万円 40万円 110万円

 

死亡慰謝料

交通事故で死亡した方がいる場合には被害者の遺族に対して慰謝料が支払われます。

死亡慰謝料の相場

本人の立場 自賠責基準 任意保険基準(推定) 弁護士基準
一家の支柱 350万円 1,500万円〜
2,000万円
2,800万円〜
3,600万円
子供 350万円 1,200万円〜
1,500万円
1,800万円〜
2,600万円
高齢者 350万円 1,100万円〜
1,400万円
1,800万円〜
2,400万円
上記以外の成人 350万円 1,300万円〜
1,600万円
2,000万円〜
3,200万円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください