交通事故の消極損害とか何か?

消極損害とか何か?

交通事故にあった場合に、被害者が加害者に請求できる損害賠償のひとつに消極損害(しょうきょくそんがい)というものがあります。

消極損害とは、交通事故に遭わなければ得られたはずの利益のこと「逸失利益」と呼び、損害賠償請求できるというものです。

これは死亡した場合だけでなく、後遺症によって職を失ったり、働けなくなったり、所得が減った場合にも損害金を計算し加害者に対して請求することができます。

消極損害として請求できるもの

休業損害

交通事故による怪我のための治療の通院や入院のために、休業(有休休暇を含む)した場合の収入等は消極損害になります。

休業損害は被害者が生存していることが条件になります。(即死事故の場合には逸失利益のみが消極損害なります。)

最終的に死亡事故となった場合でも生存していた期間は、この休業損害が認められます。

逸失利益

死亡事故の場合と後遺障害の場合で逸失利益の計算方法が異なります。

 

死亡事故の場合

その後の人生で得られたであろう所得から本人の生活費を除いた金額が逸失利益として消極損害となります。

死亡事故における逸失利益の計算方法

【1年当たりの基礎収入 × (1 - 生活費控除率) × 稼働可能期間に対応するライプニッツ係数(またはホフマン係数)】

※ライブニッツ係数(ホフマン係数)とは

損害賠償の支払が一括払いするのに対し、所得は数年に分けて分割享受するものであるため、被害者側が得られることになる利息等の利益を差し引くために使われる係数。

被害者にはあまり嬉しい係数とはならないです。

 

後遺障害の場合

後遺障害事故の場合での逸失利益は交通事故によって負った怪我が治療しても改善が認められなくなった症状をが症状固定といいます。

症状固定になった状態の後遺障害を等級化し、等級に応じてどの程度労働能力を失っているで損害賠償金額が算定されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください