積極損害とか何か?(交通事故の損害賠償)

積極損害とか何か?

交通事故にあった場合に、被害者が加害者に請求できる損害賠償のひとつに積極損害(せっきょくそんがい)というものがあります。

これは交通事故が原因で被害者が怪我などをしてしまった場合に、病院の治療を受けたり、入院や通院のためにかかった治療費や雑費などを言います。

また被害者が事故が原因で亡くなった場合には、亡くなるまでにかかった治療費だけでなく、葬儀費用なども含まれます。

積極損害として請求できるもの

診療費・治療費など

積極損害の代表的なもので、交通事故が原因で受けた怪我の治療費や入院費などです。

治療費の中には誰かの付添を必要とするケースでは、付添看護費として積極損害となることが認められます。

 

入院雑費について

入院をすると様々な雑費がかかりますが、この入院による雑費についても積極損害となります。

裁判所の基準では入院1日につき1500円を基準として考えていますが、状況によってはそれを超える雑費についても認められます。

 

通院のための交通費等

通院のための交通費も積極損害となります。

この通院交通費は、原則として公共交通機関の利用金額となりますが、怪我の程度によってはタクシー利用も認められることもあります。

また専門的な治療を受ける必要があるなど特別な事情があるときは、宿泊費についても認められます。

また被害者だけでなく、通院に付添が必要であるような場合には、付添人の通院交通費も損害に含めることができます。

 

通常の通勤ができない場合

被害者が通勤する際に付き添いが必要になる場合には、付添人の通勤などにかかる費用も損害賠償に含むことができます。

 

義手義足・器具等の購入費

交通事故が原因で義手や義足など日常生活で各種の装具や器具を必要とする場合には、これらの購入費も積極損害となります。

車いすや松葉杖、介護用ベッド・折り畳み式スロープ・人工呼吸器などの介護用品もその対象となります。

 

後遺症が残ってしまった場合の自宅や車の改造費

後遺症が残ってしまった場合には、その後の生活に自宅や車の改造が必要になる場合にはその改造費用も認められることがあります。

利便性を中心とした改造となる場合には一定の減額を受けることがあります。

 

葬儀費用

被害者が事故が原因で死亡した場合には、葬儀費用も積極損害となります。

この葬儀費用は実費ではなく裁判基準では原則として150万円となっています。

その他の積極損害

損害賠償手続費用

損害賠償請求をするために必要な各種書類を集めるのにかかった費用は、積極損害として認められることがあります。

具体的には診断書の作成、医療記録の照会、保険金請求などの手数料などです。

 

弁護士報酬・費用

通常の訴訟においては、弁護士費用は積極損害に含めることが認められませんが、交通事故による損害賠償請求については専門的な知識を必要とするため、人身事故を中心とした交通事故のケースでは弁護士費用も積極損害として認められます。

ただし、全額ではなく請求認容額の10%程度までとされています。

被害者がおまけする必要はないので、積極的に含めていくのが良いと思います。

 

遅延損害金

交通事故が原因の損害賠償請は不法行為に基づく損害賠償請求権となるため、不法行為の日から年5%の割合による遅延損害金が付されると判例があるため、遅延損害金も積極損害に認められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください