交通事故に係る損害賠償の種類について

交通事故に係る損害賠償の種類について

交通事故にあった場合に被害者が加害者に対して請求できる損害賠償は下記の内容に分けることができます。

1.積極損害・・・入院費用、通院費用、怪我の治療費などの損害賠償

2.消極損害・・・通院や入院などで仕事を休んだ分の損害賠償(有休を含む)

3.慰謝料 ・・・痛みや恐怖など精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償

4.物損 ・・・財産の損傷などの物に対する損害賠償

この4種類の損害賠償を計算し、その合計額が被害者が受けた損害額となります。

実際に請求する場合には、この損害額の合計額から自分の過失割合相当額を控除した金額が請求額となります。

 

損害賠償額の注意点

損害賠償を考えるうえで特に勘違いしやすいポイントや注意すべき点についてまとめておきます。

物損事故であれば4種類の損害賠償のうち慰謝料の請求はできない

物損事故においては車などが財産に損害を与えただけと考えられることになり、被害者には怪我などがない場合には損害賠償として車の修理費などの損害額を加害者に請求する事はできますが、精神的・肉体的な苦痛に係る損害賠償などは請求できないという点がありますので注意が必要です。

慰謝料の計算には3種類の計算方法がある。

慰謝料の計算方法には「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3種類の計算方法があり、損害賠償額2~3倍変わることがあります。

詳細については損害賠償額の算定基準についてを参照です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください