交通誘導員の合図を誤認して信号無視したことによる交通事故の過失割合

交通誘導員の合図を誤認して信号無視をしてしまった場合の過失割合

交差点の近くを工事現場に交通誘導員が立ち、自動車に前に出るようにした合図を青信号と誤認した自動車の運転手が赤信号を無視して交差点に進入し、青信号を直進していた二輪車と接触事故を起こした事例となります。

 

最終的には、信号無視をして交通事故を起こした自動車の運転手に60%、誤認させた交通誘導員の過失を40%とするところで決着しました。

交通誘導員の合図は信号機ではない

交通誘導員の”行け”という指示は、交通誘導員が立つ場所によっては信号機より優先されるものにも見えることがあります。

しかし、信号機と同等の交通整理は警察官しか行えないことになっており、交通誘導員の合図はすべて参考にするだけで、自己責任で車を運転するというのが原則になります。そのため信号機が赤にも関わらず、交通誘導員が”すすめ”の指示を出した場合には、ドライバーは、これを無視して信号機を守る必要があります。

裁判の行方について

信号無視をして起こした交通事故の場合には、信号無視をした自動車側に100%の過失があるのですが、保険会社は自動車が信号無視したのは交通誘導員の不適切な合図に原因があるものとして50%過失を求めて訴訟になりました。

結果は前述のとおり、警備会社に40%の過失を認めさせ解決しています。

信号を守り直進していた二輪車には過失がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください