交通誘導員のミスにより起きた交通事故の過失割合

交通誘導員の指示に従って起きた交通事故

道路の工事現場で誘導員が交通整理を行っていたり、ガソリンスタンドで従業員が自動車を誘導したりするケースがありますが、これらの指示にしたがって起きた交通事故の過失割合についてご紹介します。

道路交通法上の交通整理ができるの者は警察官のみ

警察官が行う交通整理は信号と同等の効果をもち、これに従わなければならないとされています。

しかし、工事現場やイベント会場、駐車場などで交通整理を行っている者の自動車の誘導には強制力はなく、基本的にドライバーはこれに従わなければいけない強制力はないのです。

つまり誘導員の指示に従って起こした事故については基本的には「自己責任」となります。

ドライバーは、警察でない者が行う交通整理の誘導はあくまで補助的なものと考えて、安全運転を自己責任で行う必要があります。

ですが、すべてがドライバーが悪いととすると誰も誘導員の指示に従わなくなり、混乱を招くことになりますので、現実的には事故の原因となった交通整理をした誘導員にも過失を求めるのが一般的です。

特種ケースとなる過失割合の事例

交通誘導員の誤誘導による事故の過失割合

道路の片側を工事で完全につぶして、片側の車線を交互通行するため、工事現場の方がトランシーバーなどを用いて交通整理を行っている場面がありました。

ところが何らかの手違いにより、両方の交通誘導員が青信号を表示させたため、2台の車は正面衝突をしてしまった事故の場合の過失割合について考えます。

誘導員が誘導していない事故であれば、センターラインを超えて交通事故を起こした赤い自動車の過失割合が100%となります。

しかし赤い車がセンターラインを超えたのは誘導員の指示でよるものであるため過失割合は以下のようになりました。

 

過失割合

センターラインを超えた車(赤色) 40% :直進車(黄色) 30% :交通誘導員(会社) 30%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください