交通事故でのドライブレコーダーの映像の過失割合への影響力について

ドライブレコーダーがあると過失割合は有利になるのか?

ドライブレコーダーは、最近安く入手できるようになったりした事もあり、普通の乗用車でも設置している方を多く見かけるようになってきました。

ドライブレコーダーがあれば、事故の衝撃のショックで記憶が曖昧になってしまった場合でも、映像としてきちんと保存されるため、第三者の目撃情報が見つからなくても事故の原因をはっきりさせることができます。

ドライブレコーダーの有無で過失割合はあまり変わらない

交通事故には、事故の原因から基本過失割合が設定されていて、それに事故特有の修正を加えることで過失割合を決めていきます。

ドライブレコーダーがあることで、相手の過失調整を証拠付きで提示できるものは次のようなものがあります。

  • 携帯電話の使用
  • 信号機の色
  • 一時停止の様子
  • スピード超過
  • ウインカーの有無、遅延

特に携帯電話の使用は、相手が認めないと中々立証するのが大変でしたが、ドライブレコーダーがあると言い逃れできない証拠映像になるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください