Uターンした車と直進車の交通事故の過失割合について

Uターン時の交通事故の過失割合について

Uターン車両と直進車との交通事故の過失割合

Uターン車両 80% : 直進車 20%

 

Uターン時の直進車との交通事故には、後続を直進する車との接触事故のほかに、対向車線を走行する直進車との交通事故がありますが、いずれの場合も過失割合は同じです。

道路交通法2では「他の車両などの正常な交通を妨害するおそれのあるときは、転回をしてはならない」とされています。

しかし直進車においてもウインカーなどでUターンする転回車の動きを予測できるため、事故を未然に防ぐ義務があるものとして基本過失割はUターン車両が80%とされています。

調整項目について

直進車の過失の加算項目

過失10%加算の内容

  • 15km/h以上のスピード違反
  • 著しい過失

過失20%加算の内容

  • 30km/h以上のスピード違反
  • 重過失 +20%

転回車の過失の加算項目

過失10%加算の内容

  • 見通しがきかない場所や、交通が頻繁な道路での展開
  • ウインカーなしでの転回
  • 転回車の著しい過失

過失20%加算の内容

  • 転回車の重過失+20%
  • 現場が転回禁止場所(転回禁止の標識がある場所)+20%
    (転回禁止場所での転回中の事故は両方が動いていても基本過失割合は100-0の事故になります。)

【転回禁止場所の標識】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください