高速道路の加速車線から本線車道に合流するときの交通事故の過失割合

高速道路での加速車線と本線との合流する地点での事故

四輪車どうしの交通事故の場合

基本過失割合

加速車線を走っていた車 70% : 本線を走行していた車両 30%

 

基本的な過失割合は、本線に車線変更をかけた加速車線側の車両に7割の過失が生じることになります。

道路交通法75条の6、1項に「加速車線から本線車道に入ろうとする場合は、本線車道を走行する自動車の進行を妨げてはならない」と定められています。

また本線車は合流車が確認できるため減速したり、追越車線に車線変更をするなどで衝突を避ける措置をとることが十分可能なことから、本線車道を走行中の車両にも30%の過失が生じることになります。

追越車線の四輪車が本線を走行の二輪車と衝突した場合

基本過失割合

加速車線を走っていた車 80% : 本線を走行していた二輪車 20%

四輪車どうしの事故と同様に加速車線を走行していた方に大きな過失がつきます。

基本的には前述した70:30が基本となりますが、二輪車の場合には四輪車と比較して交通弱者であることが考慮され、10%の調整が四輪車に加算されます。

ただしこの調整が入るのは二輪車側にケガなどが生じた場合に限ります。

 

追越車線の二輪車が本線を走行の四輪車と衝突した場合

基本過失割合

加速車線を走っていた二輪車 60% : 本線を走行していた四輪車 40%

高速道路での加速車線から本線合流時での事故は基本は加速車線側が70%の過失となります。

ニ輪車は交通弱者として10%の調整が入るため、基本過失割は二輪車の60%過失となります。

ただしこの調整が入るのは二輪車側にケガなどが生じた場合に限ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください