自動車専用道路(高速道路)で歩行者をはねてしまった場合の過失割合について

高速道路で歩行者をはねた場合の過失割合について

高速道路のような自動車専用道路では、基本的に歩行者は侵入することが禁止されています。

そのため交通事故の処理や故障など、緊急トラブルで高速道路に歩行者がいた場合においても歩行者側に大きな過失が生じます。

自動車専用道路に歩行者が進入した場合

歩行者 80% : 自動車 20%

歩行者の侵入が禁止されている自動車専用道路において、交通事故があった場合の過失割合は基本的には歩行者が80%の過失を負います。

 

故障や事故により本線の中で停止した車から逃げている歩行者をはねた場合

歩行者 50% : 自動車 50%

事故や故障などにより本線に残された車両から、脱出するためにやむを得ず本線を歩いていた場合の事故においては、基本的過失割合は歩行者と自動車はそれぞれ50%の過失となります。

 

自動車専用道路の工事関係者をはねた場合

歩行者 30% : 自動車 70%

自動車専用道路の工事や落下物の処理などをするために、適切な対応で車両に危険を通知して作業をしている人がいる場合があります。

この場合には走行している車両に対して十分注意喚起を行っていることから、この場合の過失は自動車の方が悪くなり、歩行者の過失は30%となります。

 

調整項目

いずれの交通事故の場合においても調整項目があります。

歩行者の加算項目

夜間や雨などで視界不良の状態で歩行者がいた場合

交通量が多い場所を歩いていた場合

歩行者に著しい過失があった場合

歩行者の減算項目

車の著しい過失、重過失があった場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください