バイクで住宅街を横断歩道の傍を歩く老人をはねてしまった交通事故の過失割合

バイクと老人の交通事故の過失割合について

基本的に青信号の横断歩道を歩いている歩行者をはねると歩行者側の過失はありません。

しかし横断歩道でない場所を歩いている場合には歩行者側にも過失がつきます。

基本的過失割合はバイクで老人を横断歩道以外の場所ではねたときは

自動車 70 : 歩行者 30

 

適用された過失割合の計算方法

基礎過失割合 ⇒ 自動車 70 : 歩行者 30

※近くに横断歩道があったのに使っていないため歩行者に+30

住宅街という場所 ⇒ 自動車 +5

被害者が老人・子供 ⇒ 自動車 +5

運転手のわき見運転 ⇒ 自動車 +10

結果 自動車 90 : 歩行者 10

横断歩道付近であったため過失が70:30からスタートしましたが、もしも近くに横断歩道がない場合には適用される基本の過失割合は80:20になります。

その場合は、同じ加算を考えればバイク側の100%過失事故になります。

この事例から学べる過失割合の考え方

  • 横断歩道が近くにあったのに使わなかった場合
    歩行者に過失が計上されます。
  • 歩行者が防御能力のない弱者である場合には、自動車側に過失が計上
    歩行者が高齢者・子供・障害者である場合には自動車側に過失が計上されます。
  • 防御能力のない歩行者が高い頻度でいると考えられる地域では自動者側に過失割合が加算されます
    住宅地、公園、学校、障害者施設、病院などが近くにある地域場所ではドライバーには注意義務が要求される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください