信号機のある交差点での自動車同士の事故の基本過失割合について

交差点での事故の基本過失割合について

過失割合を決める際に保険会社が利用するのが「判決タイムズ」という本のようです。

しかし、とても高い本なので普通の人は持ってないし、読みません。

この本の中には、自動車と歩行者、自動車と自動車のように事故の起き方で区別され、条件についても非常に詳細に分けられ交通事故の過失割合を基準化させています。

過失割合は、この典型例から基本過失割を調べて、さらに事故特有のやむを得ない事情等を考慮して基本過失割合を修正・調整することで最終的な過失割合を決めていきます。

ここでは、個別の事情による修正前の基本過失割合について、自動車同士の事故のケースを例示してみます。

信号のある交差点での自動車同士の事故について

青信号の車両と赤信号の車両の交差点での事故

青信号の自動車・・・0%

赤信号の自動車・・・100%

当たり前の話ですが赤信号の状態で交差点に入りぶつかるというのは、信号無視をしている状態です。この場合は赤信号で侵入してきた自動車が100%悪くなります。

例外:パトカーや消防車・救急車などと交通事故を起こした場合には一般車両側にも過失が認められます。

黄色信号の車両と赤信号の車両の交差点での事故

黄色信号の自動車・・・20%

赤信号の自動車 ・・・80%

黄色信号の場合には、「注意」ではなく、止まれの指示です。

急ブレーキなどになり、安全に停止線の手前で停車できない場合に限り通行が認められているため、この場合、黄色信号側の車両にも過失が計上されてしまいます。

赤信号の車両と赤信号の車両の交差点での事故

信号機はどっちも赤信号になるという事があります。

赤信号で侵入したケースや右折待ちで対向車が来なくなってから発信した場合の車両と、まだ赤信号なのに見切り発車した車両とが交差点で衝突した場合の事故ですが、過失割合は以下のようになります。

赤信号の自動車・・・50%

赤信号の自動車・・・50%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください