駐車場での歩行者との接触事故における過失割合

駐車場での歩行者との接触事故における過失割合

駐車場で歩行者と接触事故を起こした場合の基本的な考え方について

駐車場という場所の特徴から、自動車から降りた人やこれから自動車に乗り込む人など人が歩くことは十分想定される場所であることから基本的には自動車と人が接触した場合には自動車に過失があるとされます。

また歩行者も駐車場には自動車が来ることが十分予想できるため、自動車だけに過失があるとは考えられず、通常は10%程度の過失が認められます。


基本的な過失割合については、

自動車 : 90% 対 歩行者:10% となります。

 

この基本的な過失をベースとした上で、調整の過失がないか検討していきます。

具体的には、自動車が急発進やウインカーなどをあげずに急に方向を変えるなどと言った運転の乱暴さだったり、狭い駐車場でスピードを出しすぎていた場合には歩行者の過失はなくなるかもしれません。

両者の話し合いを通じて過失割合は検討されていくことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください