交通事故の相手保険会社の対応、態度、交渉内容に疑問を感じたときの対応

相手保険会社に騙されてると思ったときの対応

無過失事故では被害者は基本的にひとりで示談交渉を行わなければならず、交通事故に無知な被害者を相手にいいように言いくるめられてしまう方がいます。

ベストな対応については、こちらも弁護士を立てることですが、裁判になると時間やお金もかかり、そもそもどの弁護士に相談していいかわからずに困ることも多いです。

なのでできれば弁護士や司法書士に依頼する前のアクションについてご紹介したいと思います。

そんぽARセンターとは?

相手保険会社の言い分が、「そもそも無茶なことなのか?」それとも交通事故に無知な自分が知らないで世間的には非常識な不満を抱いているだけなのか?すら実はわからないことが多いと思います。

保険会社の対応を不満に感じ、騙されている気がしたり、話合いをしようとしても相手にしてくれなかったりと困った場合には”そんぽARセンター”に相談することができます。

日本損害保険協会が設立している「そんぽARセンター」は、仲間内組織に思われながらも実は結構保険会社の担当者にプレッシャーを与えることができるため、不誠実な対応や理にかなわない悪質な交渉を進めようとしていた場合には効果が絶大です。

通常、怒ってクレームを入れても割と担当者の上司どまりとなるケースが多いのですが、そんぽARセンターから入れたクレームは上から落ちてくるので、担当者には上司を巻き込む”かなり厳しい一撃”になります。

保険会社の担当者にとって、この機関に相談されるのがとても辛いようで対応だけでなく態度までチェックされるようになり、経過もセンターに報告しなければならなくなるため、おかしな言及を未然に防ぐ効果もあります。

保険会社の対応や態度、交渉内容に疑問を感じたときに打つ手としては、かなり有効なので知っておくといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください