交通事故の加害者の謝罪の仕方の注意点

交通事故での謝罪の仕方

交通事故では、謝ってはいけないと考える方も多いのですが、私は謝罪する方が基本的には上手くいくような気がします。

しかし、謝る事が事故の過失割合などに対する全面降伏を意味するわけではないので、それはソレ、これはコレとしっかり割り切ることが大切です。

謝った直後に相手から「そちらの100%過失で良いか?」と聞かれた場合には、「私一人ではわからないので、状況を保険会社に説明し、検討させてください」と結論をその場で出さない事が大切です。

謝罪の仕方

事故の数日後に菓子折りをもって謝罪に伺うことがあります。

双方に過失があったとしても、相手が怪我をするなどして入院している場合には、人としてのお見舞いなどすることが、後々いろんな場面で生きてきます。

相場では大体3000円前後のお菓子が一般的だと考えられ、堅いおせんべいなど特定な方には食べにくいものは避けるのが良いと思われます。

保険会社に一任している場合であっても今後の示談や訴えが重くならないための配慮として謝罪しておくことが良いと思います。

相手が会ってくれないとき

怪我のレベルや事故の内容、示談の状況によっては、被害者の家族が面談を断る事もあります。

それでも謝罪に行かないと「会う気もなかったけど、謝りに一度も来やしない。」などと言うのが被害者感情というものです。

保険会社の担当に間に入ってもらったりするなど、1度以上は形に残る謝罪をしておくことが大切だと思います。

絶対にしてはいけない謝罪の仕方の注意点

謝罪に伺うと金銭を要求されることがありますが、これに応じてはいけません。

金銭を支払ってしまうと、その後も何度も要求されることになるという被害がとても多いです。

「お金については保険会社に一任しており、私の意思で支払う事は保険会社から堅く禁じられており、申し訳ありません」と必ず断るようにしてください。

また加害者が被害者に賠償要素として何らかの支払いを行い始めると保険会社の担当も示談交渉がやりずらくなり、あまり良い結果にならない事になります。

最悪、弁護士を立てて示談しなければならなくなったケースもあるため、被害者の要求には基本的に加害者が独自の判断で応じてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください