交通事故の示談で使ってはいけないNGワード、禁句について

言葉で失敗する事は多いと思いますが、裁判でうかつな事を言って取返しがつかなくなるから弁護士を雇うように交通事故の示談交渉も実はかなり注意深く進めなければ酷い目にあうことがあります。

被害者意識と憤りからついイライラしてしまいますが、つまらない事で相手から逆襲を受け不利な状況に陥ることはザラです。

うまくいかなくて、つい言ってしまいたくけど保険会社や弁護士相手に使ってはいけない言葉をご紹介していきたいと思います。

保険会社との示談交渉で使ってはいけないNGワード

加害者に請求するから

示談交渉時に保険会社の対応が不満で話がすすまないとき、つい言いたくなるのは反省して謝っている「加害者に対して請求するからいいよ」、「保険会社は、加害者に払える範囲で払っておいてください」と言いたくなりますが、結構あぶない展開になることが多いのです。

「加害者に請求する」と言われた保険会社の取る対応

保険会社の担当者は示談交渉にかかる日数は査定の対象となっており、迅速に損なく保険金支払いまで進められるかを気にしています。

多少の保険金アップで早期解決ができるなら前向きに受け入れて、社内で検討してくれることもあるのです。

しかし、加害者に対して請求が及ぶとなると保険会社が加害者を守るため、弁護士を雇い被害者から加害者へのアプローチを困難にする手段を講じてきます。

こうなると保険会社の担当から案件の手が離れて、時間無制限での戦いに発展していきます。

時間をかけた戦いにもっていかれると困るのは言うまでもなく被害者です。

保険会社の担当者より弁護士を相手にする方が大変なので、結論的にまず被害者にいいことがありません。

言って自分を不利にする単語の1位は「加害者に請求するから」です。

 

担当者に対する暴言、中傷する言葉

保険会社は、本当に払えないものでも、本当は払えるもので払えないような口ぶりで話すことが多いです。

後で調べてみると、「保険金を支払っている判例があるじゃないですか?」というと、決まって「払えないとは言ってない」とマニュアル化してるんじゃないのかっていうような回答が帰ってきます。

誤解を与える表現を使って払おうとしない保険会社の担当者には温厚な人でも怒りたくなります。

ですが怒っては負けなのです。

損害賠償の中には請求されれば支払うものの、請求がなければ支払わなくても良いとされるものが沢山あります。

そして担当者には実はかなりの広い裁量が与えられています。

保険担当者は、示談交渉は精神的にとても辛いし、罵声を浴びせられるのは日常茶飯事と本当に大変な仕事なのですが、中傷されたから妥協するということもなく、逆に頑なになってしまう傾向にあります。

丁寧な表現で紳士的に相談していく形で話を進めると、保険担当者からうまい落としどころを教えてくれたりします。

また保険担当者に罵倒をあびせると保険会社から徹底的な反撃をするために社内でも有名な凄腕の担当者にバトンタッチされて、容赦ない嫌がらせを受けることになります。

まとめ

被害者の立場では保険会社の対応にイライラしてしまう事は少なくありませんが、言葉には十分気をつかう必要があります。

しかし、丁寧な対応を取っているにも関わらず、執拗に攻め立て納得がどうしてもいかない展開になった場合には示談交渉を行わずに感情を爆発させる前に弁護士や紛争センターを利用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください