交通事故で全損した自動車を修理する場合について

交通事故で全損した自動車を修理する場合

保険金として支払える修理代は時価が上限

修理代が時価を上限としてしまうのは、物の価値以上の修理代を請求されても支払えないという考え方で、身近なものに置き換えると10万円のネックレスの修理代に30万円かかると言われても、10万円しか支払えないということなのです。

自動車の時価については「交通事故の全損について」を参考

 

全損した自動車を修理する場合

交通事故で壊れてしまった自動車が全損してしまった場合の選択肢についてお話します。

具体例をもって説明します。

交通事故で時価が70万円しかない自動車が壊れて、修理代に100万円かかる場合の事例です。

足りない部分を自分で支払って修理する場合

修理代が100万円でも保険金は時価を上限としてくるので30万円を自腹で支払うことになります。

こちらに過失がある場合では時価の70万円はこちらの過失相当分減額されます。

例えば自分に3割の過失がある場合には70万円の時価の70%、49万円が上限となってしまいます。

対物超過特約があれば、ほぼ解決する

対物超過特約とは、時価が少なくて修理代の全額の補償ができない場合に修理することを前提に最大50万円まで時価より高く修理代を補償することができる特約です。

この事故の事例でいうと、時価が70万円あるので、50万円を加算し、120万円までであれば修理代の全額を保険金で支払う事ができるという特約です。

年式の古い自動車の補償であれば、この特約が非常に威力を発揮するので、相手の保険に対物超過特約がついていないか確認してみてください。

車両保険があれば持ち出しはない

相手の保険会社から支払われる保険金は対物賠償から支払われるため、時価が上限になりますが、自分が加入している車両保険の場合には契約金額が上限に支払われます。

このケースでは100万円以上の車両保険に加入していれば70万円は相手の保険から支払われ、残り30万円については自分の車両の保険から支払う事も可能です。

しかし等級等もあがり、保険料については今後高くなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください