全損になった車両の時価を高める裏技

全損になった車両の時価をあげるための裏技について

全損とは、どういうこと?

交通事故にあった自動車の修理代が車の価値(時価)を超えることを全損といいます。

全損になると修理代がいくらかかっても、全損となった時価までの金額しか損害賠償が支払われません。

全損というのは、言い換えれば100万円も出せば、同年式で同程度の仕様の中古車を購入することができるのに、120万円出してまで修理しないというのが修理代が時価までしか支払われない理由になります。

全損となった場合

自動車修理代からアジャスターに全損とされる判断するとすぐに「時価額」を提示されます。

この時価額の根拠はレッドブックと呼ばれる資料から考えられており、車種、年式、グレードごとに市場に出回る中古車価格や下取価格の平均を参考にしたものです。

ところがレッドブックもあまり万能ではなく、自動車は比較的充実しているものの二輪車においては5~6年前くらいまでのものしか網羅されていないため、そういったものは新車の10%を時価と考えてしまうようです。

保険会社が提示する時価を受け入れ全損として処理すると時価額の現金と引き換えにその車両は保険会社に回収されます。
全損した車両は売却され、売却代金は保険会社のものとなります。

時価をあげるための交渉術

通常保険会社から提示される時価は、低いです。

たまに良い担当者にあたると相場どおりの適正価格で提示してくれますが、私が知る限り非常に珍しいので通常は全損時の時価については交渉となります。

算定される時価については、レッドブックが基準となっていることが多いので保険会社の担当者は「時価に不満がある場合には、時価を上げるための交渉を社内で行うので何か根拠となるものがなければ無理ですね・・・」って言います。

根拠を示すことができなくて、多くの人はここで諦めてしまいますが、根拠を示すことは実は非常に簡単なことなのです。

カーセンサーなどで車の購入に必要な価格を調べる

Gooやカーセンサーなどで全損となった車両の同年式、同車種、同仕様などの中古車の価格を調べます。

今ではインターネットで日本全国いっぱつで調べることができるため、とても簡単な作業です。

保険会社が参考にする流通価格は、買取業者の買取価格を基準にしている可能性もありますが、実際に再調達するために必要な時価は販売価格であるため、保険会社の示す時価は種類が異なることもあります。

この販売価格には自動車取得税や消費税、自動車税、リサイクル券費用など車を取得し、使用できる状態にするまでにかかる費用のすべてを含めることができます。

価格を調べる際の注意点は

1.事故歴ありor 事故歴なし

初めての交通事故だったり、または事故の経験がある車でも修理内容が軽微であり、車が車体が歪むなどのフレームに大きな損傷を受けたことない車であれば「事故歴なし」のジャンルで探します。

2.車の色も大事

同じ車のであっても色で中古車の価格は変わります。一般的には白や黒の車は高くなる傾向にあり、ピンクなど性別や年齢が制限されるような車種は安くなる傾向にあります。

3.仕様についても付加価値をつけれます。

地域によっては寒冷地仕様だったりすると再調達価格はプラスされます。カーナビやバックモニターなども全損車両についている場合には妥協せずに、どんどん加算していきます。

こちらはイエローハットやオートバックスなどのカー用品店で設置までの費用(ネットでわかる定価の提示)が参考にできます。

4.時価算定前はお店と値引き交渉する必要はありません。

実際に購入するなら定価から値段が下がったり、タイヤなどのサービスを受ける可能性があっても保険会社には、定価のまま伝えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください