交通事故で自動車の修理期間の「代車費用は出せません」と言われた場合の対策

保険会社から代車費用については、支払えませんと言われたら・・・

代車費用を支払いたくない保険会社

交通事故に遭遇し、自分の車を修理している期間は車が使えなくなるため、その間の代車が必要になります。

しかし保険会社は代車費用については、あの手この手で支払わないための交渉を良くしてきます。

具体的には「100:0事故でなければ代車費用は出せない」「業務で使ってなければ認められない」「2週間なら大丈夫です。」など全く代車費用を認めようとしなかったり、期間を区切ってくるケースなどがこれにあたります。

初めて事故に遭遇した方などは、専門家がいうのだから、そういうものだと思われる方が多いのですが、実は保険会社の内部にはこういった規定は存在せず、支払えないものではなくて、支払いたくないだけなのです。きちんとした説得力をもって請求すれば相手の過失分相当額であれば代車費用については請求できます。

ただし代車費用は会社をあげて支払わないように保険会社が力を注いでいる重要ポイントなので、代車費用を支払って頂くのには結構骨が折れます。

必要なものは「代車費用」なのか「代車」なのか?

一見同じに見えるものですが、代車費用を支払ってもらうのと代車を貸してもらうのとの難易度は雲泥の差です。

自分が使った代車(レンタカー)費用を保険会社から直接レンタカー代として支払ってもらうのは、大変ですが、無料代車の提供先を探すのなら修理工場を変えるだけで割と簡単に対応できると思います。

つまり、代車を無料で貸してくれない修理工場に修理出さないで、「無料で代車を借りれる修理工場に修理を出してくれませんか?」と保険会社に伝えれば済むと思います。

無料であれば保険会社も出費もなく、過失割合に関係なく支払われる金額はゼロになります。

また代車代は修理代に組み込まれているのでしょうから保険会社に対して間接的に請求しささることになります。代車費用(お金)じゃなく、代車を借りたい場合には「無料代車が使える工場を紹介して欲しい」、「無料で代車が借りれる場所に修理に出してください」というだけでいいと思います。

実際、保険会社と提携している修理工場は、提携するために必要な条件は以下の内容になっています。

・修理代車を無料で貸すこと

・修理箇所については、オーナーが同じである限り、永久保証をすること

・修理工場に必要な設備として一定の基準を設けていること、過去にトラブルがない等・・・

つまり代車費用を支払う事は難しいのですが、無料代車を提供できる修理工場を紹介するのは保険会社にとっては、とても簡単なことなのです。

また私が個人で知っている修理工場は、交通事故の修理として工場に入庫する場合に代車費用を請求する会社など一社もありません。

代車費用が欲しい場合

保険会社が代車費用を渋る理由のひとつに、「無料で貸してくれる工場がたくさんあるのに、なぜお金のかかる修理工場に修理に出さなきゃいけないのか?」という決して言えない本音があります。

そこで代車費用を頂くためには説得力が欲しいところです。

代車費用を請求するためのコツ

特殊車両の代車費用

通常の修理工場では用意できない特殊な自動車の修理の場合には、保険会社から代車費用が出やすくなります。

具体的には「車いすを乗せるためのリフト付きの車両」や「障害者が左足で運転できる自動車」を借りるための費用であれば、保険会社もあまり抵抗せずに前向きに検討してくれます。

やむを得ない事情を説明してみる

具体的には、冬季などの事故が多い時期には、修理工場の無料代車が出払っていて借りられないこともあり、この場合には保険会社も代車代を出してくれることが多いです。

また有料の代車をずっと借り続けるためには日常生活で頻繁に車を利用している理由が必要になります。

良くある理由としては以下のものがあります。

  • 毎日通勤や仕事に使う必要がある。
  • 幼稚園や保育園の送迎に使っている
  • 病院に通院しなければいけない
  • 深夜勤務で代替の交通手段がない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください