タクシーにぶつけてしまった!? どうしたらいい?(加害者の立場)

タクシーに自動車をぶつけてしまった場合の対応

タクシーに自動車をぶつけてしまった時は、被害者のみならず加害者も不安な思いをしている方が多いと思います。

この記事では加害者側の視点で対応について説明したいと思います。

タクシーに追突してしまった場合

前方を走っているタクシーが路上でタクシーを呼ぶお客さんを見つけて、急にウインカーをあげて停止しようとすることが良くあります。

タクシーが止まった直後に止まり切れないで追突してしまった場合には最悪です。

かなりの過失を自分が背負ってしまうことになり、何か言おうとしても停止しているのはドライブレコーダーできちんと記録に残っているなどと言われてしまいます。

そしてタクシーの修理期間の逸失利益や乗っていたお客さんへの損害賠償、運転手への賠償などと次々と色々な請求が来てしまいます。

 

示談を自分でするのは避けるべき

残念ですがプロでも手を焼くのがタクシー会社との交渉で、普通じゃ考えられないことを平気で当然な感じで要求してきます。

タクシー会社には事故専門の担当者がいて、かなり強気の交渉をしてきます。

できれば交渉の舞台には立たない方が無難なような気がします。

供述調書のサインは慎重にしっかり確認

交通事故が起きて、警察を呼んだ場合には、双方の言い分を聞いて警察が作成する書類に供述調書実況見分調書という2種類の書類がありますが、タクシーとの事故の場合には、特に内容についてしっかり確認してからサインするようにしてください。

これにサインしてしまうと後で修正することは不可能で、そのまま裁判に使われます。

ルール上は修正できることになっていますが、実質的に後日修正することは無理なので、納得がいかなければサインせずに帰ってきて大丈夫です。

「警察官が後で直しておくよ」という言葉を信じてサインしても、まず修正されることがありませんので、修正されたのを確認してからサインするようにしてください。

これは後日、取り返しのつかない失敗に繋がり、多くの方が後悔する原因になります。

 

事故の届け出は必ずすること

タクシーの運転手から「人身事故にされると免停になり、仕事ができなくなるため警察の届出は勘弁してほしい」と言われたり、警察官が来る頃にはどこかに行ってしまっていなくなるドライバーもいるようです。

交通事故の中でも、対タクシーの場合には色々なイレギュラーな事件が起こるので、あくまでも正しい対応を取ることを心掛けてください。

なお、途中でいなくなった場合には、物損だけなら”当て逃げ”、怪我をしていたら”ひき逃げ”として訴えるようにしてください。

 

示談代行サービスを利用すると実は問題なく終わる

ちょっと怖い話ばかり紹介しましたが、保険会社に任せて、自分は何もしないのが一番です。

素人が介入すると色々とややこしい事になるのが、タクシーとの事故です。

保険会社が示談代行してくれると時間がかかりますが、問題なく終わることが多いです。

下手な約束をして保険金が支払われないような約束をしてしまうと自腹を切ることになり、それが一番ダメージとなるので、キワドイ約束はせずに保険会社に任せてしまうのが一番良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください