交通事故の行政処分(免許取消・免許停止)の違反点数と欠格期間について

免許取消処分と停止処分について

交通事故や交通違反をすると内容に応じて定められた違反点数が累積加算されていき、一定の点数になると自動車の運転免許証は停止処分(免停)や取消処分(免取)を受けます。

免許停止処分は、一定期間が過ぎれば免許証が復活しますが、免許取消処分の場合には、免許を失うことになり、もういちど免許を取り直すことになります。

しかし、すぐに免許の取り直しをすることができず、一定期間の間は免許を取得できない欠格期間というものがあります。

この欠格期間は、取消になるときの累積違反点数に応じて、1~10年とその幅は割と広くなっています。

欠格期間について

免許の取消になるのは、以下の内容に該当した場合です。

免許取消の事由

  • 病気により、自動車などの運転に支障を及ぼすおそれがあることが判明した時
  • 認知症であることが判明した時
  • 体の障害により、安全な車の運転ができないことが判明した時
  • アルコール、麻薬、覚せい剤などの中毒者である時
  • 故意に自動車で人を死傷させたり、建造物を破壊した時
  • 酒酔い運転や過労運転禁止に違反した時
  • 負傷者の救護をしないか、警察に通報せずひき逃げ違反した時
  • 道路外致死傷とは、道路以外の場所で、自動車または原動機付自転車を運転して人を死傷させた場合のことです。

違反点数による免許取消について

また違反点数が一定の点数に達した場合にも免許は取消されます。

過去3年以内に免停となった回数により、免許取消になる違反点数が変わってきます。

※ただし、免停解除から1年以上無事故無違反だと前歴がゼロになる。

前歴がなしの場合・・・15点以上
〃 が1回 ・・・10点以上
〃 が2回 ・・・  5点以上
〃 が3回以上 ・・・  4点以上

 

欠格期間

結果期間について、違反としては軽い部類の一般違反行為と重い罪の特定違反行為によって変わってきます。

一般違反行為

信号無視、スピード違反、一時不停止、シートベルトなどの比較的軽い一般的な違反行為のことを言います。
欠格期間も前歴の有無により、変動します。

 

欠格期間(特定違反行為)

特定違反行為とは、運転殺人、危険運転致死傷、酒酔い運転、救護義務違反(ひき逃げ)などの危険な行為による違反です。
欠格期間も前歴の有無により、変動します。

 

まとめ

違反点数によって、免許の停止処分や免許取消処分を受ける事になりますが、通常大きな罪を何重にも起こしたことにより、免許取消処分を受けているのが目立ちます。

例えば、飲酒運転では、一番軽い酒気帯び運転でも13点となっているため、何か別な違反をしていると一発で免許取消になることがあります。

また違反点数のない無免許時代に自動車を運転して捕まった場合には、違反点数が25点計上されるため、無免許運転をしてから最短でも2年間は免許を取ることができなくなります。

無免許で人身事故などを起こすと、人身事故の13点が加算され、38点の違反になった場合には、3年間は欠格期間となり、免許が取得できなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください