雪道を冬タイヤを装着せずに走行した場合の罰則について

雪道を冬タイヤを装着せずに走行した場合の罰則について

道路交通法第七十一条では、運転者の遵守事項として道路の状況などにより、公安委員会が定める危険を防止するための項目があります。

雪道での運転の際の滑り止め装置(タイヤチェーンやスタッドレスタイヤ)の着用についても定められていて、免許の違反点数はありませんが罰金を支払わなければいけません。

大型車・・・7,000円

普通車・・・6,000円

二輪車・・・6,000円

原付車・・・5,000円

小型特殊車・・・5,000円

都道府県によっては、罰則規定が多少異なる場所があり、沖縄県では規定はありません。

雪道をノーマルタイヤで走行することは禁じられており、罰金があります。

また交通事故を起こしやすくなるため、大変危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください