無免許運転の種類と違反点数と罰金などについて

無免許運転について

無免許運転による違反点数は、いずれも25点であり、もっとも重い罰則のひとつになります。

※2013年12月より罰則が強化されています。

無免許運転の種類について

無免許運転には以下のように種類があります。

種類 内容
純無免許 過去に一度も運転免許証を交付された事がない者が自動車を運転
取消無免 免許取消処分を受けたにも関わらず自動車を運転
停止中無免 免停中にも関わらず自動車を運転
免許外運転 運転資格のない免許で自動車を運転(普通免許でバスを運転など)
免許証の有効期限が切れた状態で自動車を運転
免許証の試験に合格しているが免許証の交付前に自動車を運転
日本では有効にならない免許証で自動車を運転
 偽造・他人名義の免許証で自動車を運転

 

違反点数が25点というのは、一発で免許が取り消される点数であり、最低1年間は免許証の再取得ができなくなります。

無免許運転の刑事処分について

無免許運転には前述のとおり、種類がありますが違反点数同様に刑事罰についても同じものが適用されます。

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 となります。

これは2013年12月に罰則が強化されており、それ以前は1年未満の懲役または30万円以下の罰金でした。

罰則が強化されているのは、それだけ無免許運転による犯罪を減らしていこうという考え方の表れとなっております。

しかし現実的には通常の無免許運転では実刑判決となり懲役になるケースは少なくほとんどの場合が罰金刑となります。

実刑となるケースの具体例

  • パトカーに追われて逃走している。
  • 免許証の偽造
  • 証拠隠滅行為
  • 長期間にわたる無免許運転
  • 前科や悪質な交通違反

 

無免許運転幇助(ほうじょ)について

無免許運転はドライバーだけでなく、幇助したものにも厳罰化する法律が施行されています。

幇助の内容と罰則について

無免許運転することを知りながら自動車を貸したもの

刑事処分・・・3年以下の懲役または50万円以下の罰金

行政処分・・・欠格期間2年(取消しなどの処分前歴がある場合は4年)

無免許運転になることを知りながら自動車の運転をさせたもの、同乗したもの

刑事処分・・・2年以下の懲役または30万円以下の罰金

行政処分・・・欠格期間2年(取消しなどの処分前歴がある場合は4年)

基本的にドライバーとほとんど変わらない罪になります。特に車を貸したものの罪は同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA