飲酒運転と交通事故について

飲酒運転の減少と悪質化

飲酒運転の減少について

10年前と比較すると死亡件数は3分の1にまで減少していて、私自身の周囲にも飲酒運転をする人がいなくなりました。

飲酒運転する方は、「翌日自動車を利用する必要があるのにお酒を飲んでしまった。」「後日自動車を回収に来るのが面倒くさい。」「タクシー代がもったいない」という理由が多かったと思いますが、今では運転代行サービスが以前よりずっと身近なサービスに感じられ、現在のアルコールを提供するお店のレジの横には運転代行の名刺が置いてあったり、お店で頼んでくれたりしてくれます。

価格もタクシー代より、少し増えるだけなので経済的にも非常に使いやすいものとなっていると思います。

また飲酒運転を止めようとする社会の雰囲気もとても良く、アルコールを飲んだ後に車で帰ろうとする人がいれば空気が悪くなり、とても飲酒運転できる状態でないのもとても良いです。警察の運動だけでなく社会で飲酒運転を撲滅させていきたいと思います。

飲酒運転の悪質化

飲酒運転の件数はかなり減ったと感じるものの、全部がなくなった訳ではなくニュースでは本当に痛ましい事故が見られることもあります。

飲酒運転は、正常な判断力がなくなり運転能力が低下するため、かなりのスピード違反を犯し、激突時に大惨事にしてしまうことがあります。

私が住む北海道では、信号が少ない地域も多いため、法定速度の2.5倍近い速度で走行する飲酒運転で、軽自動車に激突し、小さな子供1人が意識不明となり、残りの家族を全滅させたというあまりにも酷い事件もありました。

また飲酒運転で人身事故を起こした場合には、厳しい罰則を恐れて逃走する人も多く、すぐに適切な対処を受けていれば助かる命も、加害者が逃げたため失われたという事例もあります。

今現在、まだ飲酒運転を行う人の運転は非常に凶悪で悪質な結果になることも多いので本人のためにも、被害者を出さないために周囲の大人たちが絶対に止める様に働きかけていきたいものです。

飲酒運転の罰則について

飲酒運転の罰則には、段階があり「酒酔い運転」「酒気帯び運転」などの3種類があるようです。

アルコール1滴でも飲んだら車には乗らないとして欲しいものですが、意外に多いのが飲み屋からの帰りではなく、翌朝の出社に車を使用した場合の二日酔い状態のアルコール検出だと言われます。

7~8時間の睡眠を取った後でもアルコールが検出されることもあるとの事から、検出量によっては罰則を分けるというのも仕方がないかもしれません。

しかし他の交通違反と比べると明らかに厳しい罰則なので注意することが大切です。

酒酔い運転

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 運転免許の減点は35点

酒気帯び運転

0.25mg以上 ・・・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 25点

0.15~0.25mg  ・・・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 13点

周囲の人への罰則

車両提供者や同乗者、そしてアルコールを提供したお店に対しても罰則規定があります。

つまり周囲の人間も、飲酒運転を止めるための責任をしっかり果たす必要があると法律からも求められています。

飲酒した運転者に車両を提供した者 酒酔い運転 5年以下の懲役又は
100万円以下の罰金
酒気帯び運転 3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金
酒類の提供者(店)
飲酒運転の同乗者
酒酔い運転 3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金
酒気帯び運転 2年以下の懲役又は
30万円以下の罰金

 

免許の点数を失うという事以外は、法律上飲酒運転をすると知りながら周囲に居た者も飲酒運転したものと同罪になるということです。

飲酒運転で死亡事故を起こした場合

過失運転致死傷罪

死亡・負傷の場合・・・7年以下の懲役、禁錮又は100万円以下の罰金

必要な注意を払って運転していたが誤って人を死傷させてしまった場合に適用される

危険運転致死傷罪

負傷の場合・・・15年以下の懲役

死亡の場合・・・20年以下の懲役

アルコールや薬物の影響で正常な運転ができない状態で、人を死傷させてしまった場合に適用される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください