自動車に車検証を不携帯だった時の罰則について

車検証を自動車に積んでいなかった場合の罰則について

車検証が自動車に積まれていない状態で運転した場合の罰について

自動車検査証は、道路運送車両法第66条で携帯が義務付けられています。

もしも自動車に車検証を積んでいなかった場合の罰則は、50万円以下の罰金が科せられます。なお運転免許証の減点はありません。

道路運送車両法
第109条 次の各号のいずれかに該当する者は、50万円以下の罰金に処する。

8.第66条第1項(第71条の2第4項において読み替えて適用する場合を含む。)の規定に違反して、自動車検査証若しくは限定自動車検査証を備え付けず、又は検査標章を表示しないで自動車を運行の用に供した者

検問や事故などで警察官に提示を求められ、ないことが発覚した場合には、その車はそこから自走することができなくなります。

レッカーで移動するか、家族などに車検証の再交付をしてもらい届けてもらうまでは、そのままの状態で車の運転をさせてもらえません。

車検証の原紙でなく、コピーが積まれていた場合の取扱い

自動車に備え付ける車検証は原紙である必要があります。

そうでなければ車の所有権や車検期間が有効であることが証明されないため、コピーがあるから大丈夫ということにはなりません。

コピーを認めてしまうと所有者の偽造などが容易になってしまうため、すぐに陸運局に再発行手続きをするようにしてください。

コピーが設置してあって有効だと思われるのは車検証に書かれている情報を知ることだけです。

車検証に書かれている住所が変更になった場合の取扱い

車検証に記載された住所が変更になった場合には、住所変更の手続きが必要になります。

手数料は住民票代を入れても千円もかからないと思います。

しかし、結構待たされます。私の住む陸運局では平日空いている日でも2時間前後かかります。

基本的に問題は起きませんが自動車税の納付書や案内などが旧住所に送付され大切な書類が届かなくなる可能性はあります。

補足関連記事

警察が軽微な犯罪を起こしたと判断した場合には「微罪処分」とすることができ、その後の刑事手続を行なわず、釈放されることになります。

微罪処分になっても何事もなかったことにはならず、微罪処分となった記録は警察や検察のデータには残ることになります。

微罪処分の内容と条件について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください