2017年3月12日より道路交通法改正の内容について

道路交通法改正の内容について

免許の新しい区分と、高齢者の認知症の検査について改正がありました。

今回の道路交通法改正ポイントの概要

1)準中型自動車免許の新設

免許取得後の経験2年が不要になり、技能講習7時間アップすれば取れる貨物自動車の新区分の設立(車両総重量3.5トン以上、7.5トン未満)

 

2)高齢運転者への臨時認知機能検査と講習の実施

認知症の検査を免許更新時だけでなく、あぶない運転や事故を起こしたらチェックするようになりました。

 

準中型免許とは?

準中型免許は貨物自動車などに限定した新区分として新設されました。

従来の中型免許では、普通自動車免許を取得してから2年以上の経験が必要でしたが、今回の新設された区分では18歳以上の普通免許保持者であれば取得できるようになります。

この免許を取得するためには免許取得時の技能講習が普通免許よりも7時間多い41時限となります。

全国トラック協会「準中型免許Q&A」より

 

認知症ドライバーの免許更新防止策について

改正の大きなポイントは、更新時の認知症検査だけでなく、あぶない事故や運転したら認知症検査をする点です。

内容について

今まで実施されていた免許更新時の認知症検査だけでなく、75歳以上の高齢者が認知機能の低下で起こしやすい違反行為である信号無視や一時不停止などをしたときには必ず認知症の検査を受けなければならなくなった点や検査で認知症のおそれがあると判断されたら場合には医師の診断が必須となり、今まで比べて更新が難しくなっております。認知症が診断されると運転免許は残念ながら取り消しとなります。

警察庁のホームページより引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください