交通事故の裁判の弁護士費用について ~相手の費用と自分の費用の行方

相手側の弁護士費用について

加害者と被害者との示談交渉が長引き、訴訟となった場合には自分の弁護士費用や相手の弁護士費用について、どう取り扱われるのかについてご紹介します。

弁護士費用を負担する者

弁護士費用については、基本的には自分の弁護士費用をそれぞれの依頼者の自己負担となります。

つまり裁判で負けたとしても相手側の弁護士に費用を負けた側が負担することがありません。

裁判に負けた側が相手方の弁護士費用を負担する「敗訴者負担制度」は日本では採用されていないのです。

訴訟費用の負担はどうなるのか?

裁判をするのにかかった弁護士費用以外の費用、つまり郵便物や印紙代などの諸費用については、500万円くらいの訴訟であれば5万円前後かかります。

この費用は、裁判を起こしたものが最初に前払いで支払います。

その後、判決が出たあとに裁判官が負担割合を決定してくれます。

負けた側が全部払うという事にならないこともあります。

交通事故だけ相手に弁護士費用を請求できる特別な取り扱いがある

裁判費用、弁護士費用についての負担は原則として前述したとおりの取扱になりますが、交通事故の案件だけは相手側に弁護士費用相当額の請求をすることができます。

相当額であるため、弁護士費用の実費でないことがポイントです。具体的には「損害賠償額の10%の費用」を弁護士費用として認められ、加算して請求することができます。

この請求は被害者側にだけ認められる取り扱いであるため、保険会社側からは弁護士費用を請求されることがないため安心して大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください