盗難車に車をぶつけられた場合に車の所有者の保険を利用できるかどうか?

Q 盗難車に車をぶつけられた場合に車の所有者の保険を利用できますか?

盗難車に車をぶつけられて、犯人が逮捕されましたが犯人には修理代の支払い能力がなく、車の所有者の保険を使って賠償して欲しいと思うのですが可能かどうかという質問。

A.利用できる事もあります。

基本的に盗難車が事故を起こした場合に責任を負うのは運転手で所有者ではないとされます。

しかし盗難された車の所有者に重大な過失がある場合には、賠償責任を負う事があります。

具体的には『鍵をつけっぱなしにして出入りが自由な場所に車を放置して盗難されて、事故を起こされたケース』や『盗難されたのに盗難届けを出さずに放置していた場合』などでは車の所有者に責任があるとされた判例もあります。

また盗難車というだけで、一方的に請求できるものではなく、盗難車に過失がない場合には損害を請求することができません。

この過失については普通の交通事故と同じ基準で考えられていきます。

盗難中の事故には、”運転者限定や年齢制限は適用されません”

車の所有者が契約している保険の内容に、家族限定などの運転者限定年齢制限設定してある場合には、盗難した運転手がクリアできないと思われがちですが、この制限には但し書きがついていて「盗難されてから見つかるまでの間に起きた事故には適用しない」とされています。

そのため、盗難されている間は誰が運転していても、自動車保険を利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください