交通事故の免責証書とは?

免責証書とは?

免責証書とは交通事故の示談に用いられる書類のひとつで、免責証書を提出する事で今後被害者から加害者への請求を行わないとするとても大切な書類です。

これがなければ今後数年にわたって被害者から加害者に請求がいく可能性もあり、請求の終わりを明確にする目的があります。

免責証書の内容

通常損害賠償を支払い終える前に作成するもので、最終的に「この金額を支払ってくれれば今後もう加害者に請求しないよ」と約束するもので示談書として認識されるものです。

示談書との違いは、承諾者が被害者だけで済むため事務手続きが簡単であることが理由です。

この書類を提出し、損害賠償を受け取った後は、原則としてもう請求することはできませんが、新たに交通事故と因果関係があるものが発覚した場合には、これとは別に加害者に対して請求することができます。

新たな因果関係としては怪我や病気の症状が現れるほか、損傷した自動車に新たな不具合が見つかるなども考えられます。

保険会社とアジャスターと相談して因果関係が認められるものであれば、追加修理も可能なのですが、アジャスターの見落としをアジャスターが認めることになったり、そもそも保険金を少しでも下げようとした場所でもあるため、かなり抵抗されることが多いのも事実です。

なので最後の手段として考え、”できる”か”できない”かで言えば”できる”というものとして認識して頂けたらと思います。

免責証書の省略

保険会社ごとに基準は異なるようですが免責証書も一定の要件を満たしていれば省略することも可能です。

そのため軽微な損害等については電話で示談することも可能であり、この場合は免責証書は作られない事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください