交通事故の被害者が加害者に対して望める選択肢について

交通事故の被害者ができる3つの選択肢

交通事故が起きた場合には加害者は物損事故と人身事故で受ける刑罰の重さが全く違います。

物損の場合には、道路交通法違反があった場合に適用される罰則がわずかにあるのに対し、人身事故の場合には受ける罰則の幅は広く、特に交通事故で死亡させた者がいる場合には、加害者は交通刑務所に入ることもあります。

人身事故になった場合に加害者の量刑を決めるときには被害者の意思が尊重されることが多いです。

被害者が加害者にどんな罰を望むのかという点は、とても重要で被害者には3つの選択肢があります。

  1. 「厳罰を望む」
  2. 「処罰を望まない」
  3. 「検察に一任」

もちろんこれで全てが決まるという訳ではありませんが、少なくても被害者が処罰を望まないとしているものに対して裁判官も厳しすぎる処分を言い渡すことはなくなるかもしれません。

被害者の選択肢は加害者の処罰にかなり影響があると考えて間違いがないと思われます。

被害者は遠慮する必要はない

被害者の怪我の程度にもよると思いますが、軽微な怪我の場合には保険会社の対応や加害者の誠意で処罰を望まないとする方が多いですが、何もこれに従って望まない選択肢を選ぶ必要はありません。

飲酒運転や著しい過失がある運転により人災として起きた交通事故には今後の抑止効果の観点からも厳しい処罰を望んでもまったく問題がありません。

報復を恐れる必要もなく、最終的な処罰の決定は裁判所が言い渡すものですから、加害者からあなたに責任を追及されることもありません。

あくまでも被害者は自分の想いを正直に伝えれば良いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください