交通事故の加害者がなぜ示談交渉をせかすのか?

加害者が示談交渉をせかす理由について

加害者の罪の重さは示談済みかどうかで変わる。

人身事故の場合には加害者は刑事処分と行政処分のほかに、損害賠償請求などを負います。

交通事故で相手を死傷させた事故の場合には、検察から呼び出しがあり処分が言い渡されるのですが、この処分には「事故の状況」「怪我の程度」「被害者感情」「示談の状況」が重視されます。

量刑は少しでも軽い方が良いため、稀に加害者の中には示談を急がせようとする方がいて、ひどい場合には加害者が被害者に直接連絡して示談を急かすこともあります。

ただ加害者側から急かされても被害者はこれに応じる必要はなく、じっくり治療に専念してまったく問題がありません。

量刑を下げるために焦る加害者側の行為は逆に被害者感情を逆なですることもあるため、とるべき行為でないと言われています。

 

加害者から示談の決着を迫られた場合の対応について

加害者から被害者に直接連絡が入り、示談の決着を迫られたら、相手保険会社にその旨を伝えます。

「完治しておらず治療に専念したい」という旨を伝える形で良いと思われます。

被害者が示談に向けて動かねばならないのは医師が完治した判断している場合なので、完治してない場合には応じる必要がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください