個人賠償責任保険について ~子供の交通事故の賠償責任

個人賠償責任保険とは?

生活の中で非常に色々な事件に巻き込まれることがあります。

そして自分が気をつけていても、子供が誤って起こしてしまう事件・事故などもあります。

過去に実際にあった多額の損害賠償の事例として、小学5年生が坂道でスピードを出し過ぎて、高齢者女性にぶつかり、相手を意識不明の重体にさせる事件がありました。

この交通事故の損害賠償額は、母親に9,520万円の支払い命令が出た判決もあります。

このような補償を担保する保険として個人賠償責任保険があります。

保険料もあまり高いものでもないため、何かひとつくらい入っておくことをお勧めします。

 

個人賠償責任保険の主な補償内容

  • マンションやアパートで水漏れ事故を起こし、階下の部屋を水浸しにしてしまった。
  • 飼い犬が散歩中に他人に噛みついてケガをさせてしまった。
  • 買い物中に誤って商品を壊してしまい、弁償することになった。
  • 自転車を運転中人にぶつかってケガをさせてしまった。
  • スキーをしていて人にぶつかり、ケガをさせてしまった。
  • 子どもが野球をしていて人の家の窓ガラスを割ってしまった。

保険の対象者

個人賠償保険が適用されるのは以下のとおりです。

  • 契約者本人
  • 配偶者
  • 同居の親族
  • 生計が一緒の別居の子(未婚であること)

個人賠償保険の加入方法

個人賠償保険は火災保険や傷害保険などの特約として加入する方法が一般的です。

保険料について

火災保険などに付帯する場合には、1億円の補償でだいたい年間1000円(毎月90円弱)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください