タクシー共済とは、どんなもの?内容と特徴について

タクシー共済とは?

タクシーは普通の自動車保険に加入することができません。

運転手を交代させながら24時間動き続ける自動車が、一般の自動車保険と同じテーブルで事故率などを計算できないためだと言われています。

実際タクシーの交通事故は多く、普通の民間の損保会社は参入できないのも実態のようです。

そこでタクシー会社が出資しあって作ったものが、タクシー共済です。

タクシー共済の評判

タクシー共済は通常の保険会社に比べて補償内容は小さく、基盤も小さい割には交通事故件数が多いため、少しでも保険金の支払いが少なくなるように普通の保険会社以上に強烈な交渉を迫ってくるという特徴があります。

またタクシー会社が入る保険の補償内容もあまり十分なものとは言えず、一般の自動車保険と比べて免責部分がとても大きく、一般の自動車保険ではあまり見かけない30万円といった免責設定もできるようです。

この場合には30万円以下の修理代などはタクシー会社の自腹での修理となるため、事故当事者との過失割合の交渉は真剣そのもので、タクシー会社に「事故処理班」という専門家を設けて交渉にあたらせます。

かなりの件数の事故処理をこなしている百戦錬磨の事故処理班が交渉に当たるのですから、素人では敵いません。

自分の過失以上の責任を負わされないようしなければなりませんが、かなり強気の交渉で裁判になりやすく、また判決が出ても控訴することも多いです。

時間をかけて根気勝負になると本当に面倒であり、できれば交渉を避けたい保険会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください