交通事故における刑事裁判

裁判とは?

交通事故に関する裁判は2種類あり、民事裁判と刑事裁判があります。

民事裁判は過失割合や損害賠償額などで示談が成立しない場合に和解斡旋もうまくいかず調停も残念な結果になってしまった場合には決着をつけるのが裁判になります。裁判で出た判決には

不服があっても従わなければいけない強制力があるため事実上、民事裁判ですべての決着がつきます。

刑事裁判は、刑法など法律違反した者にどんな罰を与えるのかを決めるものです。

交通事故では加害者が被害者に与えた損害が損害がそのまま不法行為となり、具体的には被害者を死傷させた場合の業務上過失傷害罪や飲酒運転などの危険運転致死傷罪などがあります。

刑事裁判の特徴

加害者を刑事裁判にかける公訴権を有するのは検察の検事だけで、被害者が加害者を刑事告訴しようとしても直接告訴することができず、検事は被害者感情を大切にしながらも被害者の過失が大きい場合には起訴をしないこともあります。

刑事裁判で言い渡される懲役や罰金について

交通事故による不法行為により刑事裁判を行った結果に言い渡される判決には、被害者に支払うべき損害賠償額は含まれず、罰金については国庫に入金されるだけです。

加害者が被害者に支払うべき損害賠償は、民事裁判の中で決着され、刑事裁判はあくまでも法に違反した罪を裁き、量刑を決めているにすぎません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA