自動車の交通事故による後遺症の賠償期間における「症状固定」とはどんな意味があるのか?

症状固定とは

交通事故で負った怪我の治療をはじめて完治すれば良いのですが、怪我の中には治療を続けても大幅な改善が見込めないこともあります。

完治することがなく症状が回復も悪化することがなくなった状態のことを医学的に「症状固定」と言います。

そして最終的に完治できずに残ってしまった症状を後遺障害として等級認定を受けて傷害部分とは別に後遺障害としての損害賠償の対象とします。

 

相手保険会社が「症状固定」を迫る理由

保険会社が3か月後、半年後などに「症状固定」を確認する理由は損害賠償額のためです。

一般的には治療しても大幅な回復が見込めないような状況であれば、いつまでも治療費を加害者側に負担させずに治療期間を終了させ、残ってしまった症状については「後遺障害」としての損害賠償を支払うことで早期に解決したいのです。

症状固定の前後で支払われる保険金の違いについて

事故発生から症状固定までの期間

治療費・交通費・休業損害・入通院慰謝料など

症状固定後

逸失利益・後遺障害慰謝料・介護料等

症状固定後に等級認定を受ければ「後遺障害部分」として逸失利益や後遺障害慰謝料を請求することになりますが、治療費や休業損害を請求することはできなくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA