交通事故の略式裁判って何? 略式起訴とは? 内容と判決の効果について

交通事故の略式裁判とは?

被害が大きな交通事故が起きてしまった場合には加害者は、すぐに逮捕されます。

被害者の気持ちとしては、大切な人を死傷させた加害者に対して相応の刑事罰を望むのは被害者感情として当然なのですが、実際の刑事手続きでは悪質性がない場合には軽い処分で終わってしまうことも少なくありません。

多くの刑事事件の中でも交通事故で人死傷させたものは、加害者が故意で起こしたものでないことや保険金として損害賠償や慰謝料の支払いを実施していることが多いため、懲役とならずに罰金刑となることが良くあります。

罰金刑による刑事処分となる場合には検事の判断により正式な裁判を実施せず書類だけで刑を確定する「略式手続き」というものがあり、この裁判を略式裁判と言います。

略式裁判の流れについて

検事は交通事故の加害者に出頭を求めて、加害者に「通常の裁判ではないが罰金だけで済む略式裁判」についての説明をします。

そして加害者が略式裁判に異議がなれば、略式起訴の書類を裁判所にまわし、裁判所は罰金の支払いを書面で命じます。

そして加害者が支払期限までに罰金を納付することで刑事処分が終わります。

この刑事処分は検事、裁判所、加害者の話し合いで決められていくため、罰金刑だけで終わることについて被害者が不服に思ったとしてもどうにもできないのです。

略式とはいえ、決定されたことは普通に裁判を行った判決と同じものになります。そのため被害者は同じ事件で同じ加害者を刑事告発する事もできないのです。

略式手続きの条件

略式手続は加害者に課せられる罰金が100万円以下の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA